かかりつけ医のメリット

 doctor

内科のクリニックは体調が悪くなったときに多くの人がまず足を向けるクリニックです。そのため、開業医も比較的多く、需要も高い住宅街を中心として増えてきています。内科の開業医になるときには昔は自宅の一部を使用するということが多く、奥や二階に住んでいて見た目では一軒家のように見えていることがよくありました。しかし、独立店舗として内科を開業する医者が増える傾向が強まると共に、企業として内科のクリニックを開くというケースもよく見られるようになり、住宅街の中にあっても一軒家とはまるで異なる外見になってきています。そのため、住宅街でも徐々に新しいクリニックほど目立つようになって医者がここにあるというのがよくわかるようになりました。

地域によっては住宅街の中に内科が林立しているのが目に留まることが多くなっていますが、その中でかかりつけの内科を作ることが大切です。毎回別の内科に行くよりも安心して診察を受けられるようになります。カルテが一括して管理されているため、それまでの病気の記録や薬歴などもわかり、何か体調が悪くなって内科に訪れたときにより優れた形で治療方法を決定してくれる可能性が高くなります。以前、あまり効果のなかった方法は避けたり、アレルギーなどの情報を考慮してくれたりするため、安心して診察を受けに行くことができるでしょう。何度も通っていると話にも慣れるというのはメリットであり、いくら内科が増えてきてもかかりつけを決めておいた方が良いのです。